気配りと差別

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

えりかさん、こんばんは。
資料つくりお疲れ様でした。

最近、わさびテロっていうキーワードが話題になったよね。

大阪のある人気寿司店で韓国人のお客にわさびを通常の1.5倍も入れて
提供して、お客がわさびに辛そうになる姿を面白がったとかしなかったとか。

ただ、実際の韓国人客にわさびを多めに入れて提供したのは事実のようで、
これは、韓国人の客がわすびを多くしてくれという要望が多かったから、
板前が気を効かせて、韓国人の客には、要望を聞かずに提供したためのようだ。

%e5%af%bf%e5%8f%b8

これは、一見相手に配慮したように思うが、
差別の部類にも入る可能性があるので、気を付けたいね。

日本では阿吽の呼吸に象徴されるように、言わないでも相手を察するという文化があるけど、
これは一つ取り違えると、有難迷惑になってしまうね。

僕自身はされるのも嫌なので、相手にもしないことにしているし、
相手に気を遣う時は出来るだけ声掛けした確認してからするようにしています。

例えば、日本では来客があった場合、だまってお茶を出すことはよくありますね。
でも欧米では、まずいるかどうか聞く、飲みたいので遠慮するとまず出ないですね。

ぼくはそんな合理的な考えが好きで、欲しいと言えば出すし、遠慮していれば出しません。

えりかさんは、どう思う?

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします!

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
リンク
ランキング


恋愛・結婚